両親が住む実家の雨漏りを解消する工事の体験談

両親が住んでいる実家は私が生まれる前に出来上がった古い物件なので建材の劣化が進み、所々に損傷が生じていました。

当初はすき間風がわずかに入り込む程度だったので特に対処せず、そのまま放置していました。



しかし次第に傷みが酷くなり、雨が降ると天井にシミが出来るようになりました。


それでもシミがすぐに消えたことから何ら有効な対策を施さずにいたため、遂には雨漏りが生じてしまいました。
雨水が室内に入り込み、床に水たまりが出来た時は飲み水を誤ってこぼしたと誤解していましたが、雨が降った後に同じ場所が濡れていることに気付いてようやく雨漏りに見舞われたことを把握しました。



天井には雨水の浸食による黒いシミが大きく拡がり、屋根裏にはカビが生えていました。父は趣味の日曜大工で修繕作業を行おうとしていましたが、素人作業では却って家の耐久性が低下すると母に説得されて、ようやく専門業者にリフォーム工事をお願いすることになりました。業者による事前の検査で天井全体が雨水による浸食を受けて腐食していることがわかり、梁や板の多くを交換することになりました。

また、屋根のトタン板にサビが生じていたのが雨水の浸食を招いた原因だったこともわかり、トタン板の交換と防水性が高い塗料を使った塗装も併せて行うことになりました。
工事費は当初の見込みよりも高額になってしまいましたが、傷んだ部分を適切に修繕したことによって雨漏りの心配が無くなり、現在では家族全員が気持ち良く暮らせるようになっています。