1階天井からの雨漏りを修理してもらいました

我が家はごく平凡な2階建ての一戸建て住宅です。

中古住宅を購入したのですが、住み始めて今年で丸3年になります。



一応リフォーム済みの物件だったので、中古住宅とはいえ見た目はほとんど新築住宅と変わりありません。

でも、昨年の暮れ頃から1階の天井に水のシミが出来るようになりました。
2階建ての家なのに1階の天井に雨漏りが起こるはずないと思い込んでいたため、2階に設置してあるトイレの給排水管から水が漏れているのかもしれないと考えました。


でも、家の図面を確認してみたところ、その付近には給排水管が走っていないことがわかりました。

それでは水道工事業者に来てもらっても意味がないと思ったので、念のために雨漏り修理業者に家を見てもらうことにしました。中古住宅を買った以上、この手のトラブルが起こることはありえるだろうと予想していましたが、大掛かりな修繕工事が必要だと言われたらどうしようと、とても不安になってしまいました。でも、我が家に来てくれた業者が赤外線サーモグラフィーカメラを使って念入りに調べてくれた結果、サイディングの繋ぎ目のコーキングが一部劣化し、そこから雨水が建物の内部に入り込んでいるということがわかりました。



内部のダメージはそれほどひどくないので、コーキング剤を充填し直すだけで対応できると言われたので、ホッとしました。
翌日には作業員に入ってもらい、雨水の浸入口をしっかり塞いでもらいました。



それ以降はピタッと雨漏りが起こらなくなったので、安心して暮らすことができています。