結婚後に借りた住宅で雨漏りに見舞われた体験談

結婚に伴う転居で新しく住むことになった住宅の雨漏りで困ったことがありました。
当時の私は結婚後に夫婦水入らずの暮らしを楽しむ目的で一戸建ての借家を探していましたが、家賃や立地環境などの条件が合致した格安の物件を見つけたため、即座に賃貸契約を結びました。



建物の築年数が長い欠点がありましたが、住み心地が良く妻も気に入っていたので当初は良い物件を選ぶことが出来たと満足していました。



しかし、大雨が降った後に二階の廊下が濡れているのを見た時に雨漏りが起きていることに気が付きました。
床に垂れた雨水は少量でしたが、天井には大きな黒いシミが出来ていたため建材の腐食を疑いました。



実際に屋根裏を覗くとカビが生えているのが確認出来たので家主に連絡を行い、雨漏りが生じた部分の修理をお願いしました。
家主は費用が嵩むことを理由に当初は修理を渋っていましたが、雨水で傷んだ天井を実際に確認したことで業者への依頼を行ってくれました。


リフォーム工事は傷んだ建材や配管などを交換した他、除湿剤の敷設も併せて行われました。

雨水の浸食が長く続いたことで建物全体に湿気が籠っていましたが、適切な工事と除湿剤の使用によって状態が改善されて住み心地が良くなりました。

その結果、子供が生まれて新居へ移るまでの間は快適な暮らしを営むことが出来ました。

また、新しい家に移り住んだ現在でも建材の劣化による雨水の浸食には注意を払うようになり、定期的に建物の状態を確認する検査を業者に依頼しています。